自己評価が低い理由

1 名前:以下、はてなにかわりまして元増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 15:26:45
私の親は、親ばかなほど私を褒めて育ててくれた。
「かわいい」「かしこい」「天才」
だの。
でも私は自己評価が低い。
今は、なりたい自分像になれてないのが時々つらく、苦しい。
だいたいは、それを目標として頑張ってる。
でもやっぱり疲れるときもあって、そんな時は本当に落ちる。
生きてる価値なし、と。
それは自己評価が低いからなんだ、って思った。
今のままの自分じゃ、生きてる価値がない。
自分がただそこにいて、生きてるだけじゃ価値が無いって思ってるんだ。
特に優れていない自分は、社会に不必要だと感じるし、
そういう自分の存在が許せないんだと。
だから、自分の存在を許せるようになるために
社会で胸を張って歩けるようになるために
自分が理想とする姿になりたい、と思ってるんだと思った。
私は周りの人には、「きみがただそこにいるだけでいい」って思ったり言ったりしてるのに
自分に対してはまったくそうは思えない。

私は自己愛が異様に強いのかもしれない。
親が「かわいい」「天才」だの言って育ててくれたおかげで、
かわいくもなく、天才でもない自分が許せないのかもしれない。
だからかわいくもないし、天才でもない自分の存在は、社会では認められない、と感じてしまうのかもしれない。

そしてもうひとつ、まだ結論は出ていないけれど、これももしかして自分の存在が認められない原因かもしれないと思うことがある。
私の母は、物凄く対抗意識が強くプライドが高いようだ。
大人になって家を離れてから気がついた。
たとえば、褒めながら祈るときに、
「XX(有名人など)を追い越すくらい、素敵になって、いずれXXを蹴散らすのよ」
とか、そんな言い方をする。
なぜ蹴散らす必要があるのか。
頂点は一人じゃなくちゃいけないのか?
素敵な者同士、仲良くなればいいじゃないか。
他にも、車の中から見えた通行人が、一人でニヤニヤしながら歩いてると
「気持ち悪い。見られてないと思ってるだろうけど、ばかだねえ」
と言わんばかりの口ぶりで
「見て、あの人ww」
と私に同意を求める。
それで、私がのんきに「いいことあったんだろうね〜いいね〜」と言うと不機嫌になった。
あともう一つ。
借りている駐車場を、知らない人に使われていて、それを注意した時の話。
使っていた人は場所を勘違いして、間違えて使っていたようで
「ごめんなさい〜すいません〜」
と謝っていたらしい。ただ、その人の性格がのんびりした感じだったようでぽわーんとした口調だったそうで。
それを聞いた私は、
「悪意のない人でよかったね。その人なりに精一杯謝ったんだったら、もう間違えないだろうし、許してもいいんじゃないの?」
と思ったんだけど、母は大変不満で
「ぼーぉっとしたヤツだったわ。頭悪そうで!謝り方もぼーっとしてる!」
と、なんだかすごくいらだってた。
苛立っていたけど、「頭の回転がわるそうな人」という所を攻撃していたので、自分より頭が悪そうな人を見下しているんだろうなと思った。
そういえば、私が中学生の頃好きだった、マニアの間で人気の某バンドのことも、「物まねできるよ」っていかにもバカにした口調で言ってきたことあったっけ。
勿論似てない。

あまりエピソードを書き連ねても仕方ないから、このあたりで終わっておくけど、
彼女をよく見ていると、言動の端々に他人をバカにしているところが見て取れる。
いや、よく見なくても、自分が理解出来ないものや、下手だと思うものは、全部否定する。
否定というか、劣っているとか下だとか、そういう風にぶった切る。
下があるということは、上があるということ。
多分、好き嫌いを上下に置き換えて、価値観を形成している。

もしかして、これは、私への呪いになっていないだろうか、と最近思った。それで増田を開いた。
親ばか発言で私を包んできた母だから、勿論私に直接、下だの劣っているだの言ったことは無い。
けれど、私を「かわいい・かしこい」などいう一方で、何か他のものを「下」だと烙印を押して見下し、あざ笑う。
そういう中で育ったから、わたしは「かわいい」「かしこい」でなければ、社会の底辺であざ笑われる、なんて感じてるのではないだろうか。
成長するにつれて、かわいくもかしこくもないことが解ってきたから、そのことがとてもつらい。
そして生きる価値がないように感じてしまう。

わたしは、自分が理解できないことを見下してしまう自分が本当に嫌だった。
激しい口調で、好きでは無いものや興味が持てないものを罵った直後は、いつも本当に自己嫌悪していた。
そうすることで、自分の趣味こそ正義と主張してすべてから承認されたがっていた。
でもそれは間違っている、といつも苦しかった。
けれどこの考え方の癖は、母の植え付けたものだったんだな、って解った。
本来の自分はこんな人格じゃなかったのだ。
実家を出ると、本来の自分がどういう人間なのか、解ってくる。(そんなわけで、一人暮らしはおすすめ)

母の心が満たされていないのは最近よく解ってきた。
人を攻撃してプライドを満たそうとするのは、それだけ不安なんだろうなと思った。


ここらの愚痴はまたいつか。
自由に生きたい
2 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 17:32:24
うちの母に通じるものがある。
こっちは他人ではなく自分への攻撃って違いだけど。
少しでも俺が反論すると母の自己価値が大暴落して「すべて私が悪い」っていいだすから話し合いができない。
自分の価値とか生きてる意味とかを『外』に求めるんだよね。
『自分』が無い。
他者の評価で自分の価値が変動するから安定しない、人生に疲れる。
クラゲみたいなもんで自力で泳ぐ力がない。
魚に食われれば、魚が悪い。
砂浜に打ち上げられれば、そうした環境が悪いって思考回路。
クラゲではなくマグロにだって、鳥にだってなれる可能性があったのに、
自分でクラゲを選択した自覚がない。
そもそもそういう選択ができることすら気づかない。
一事が万事『被害者意識』なんだよね。
被害者には責任が発生しないし楽だから。
あなたのお母さんも『自分』が無い人なんだろう。
自分から動く力がないから人を下げて上になった気になる。
もう俺は「そんな疲れる生き方やめなよ」って説得することに疲れた。
無駄に頑固なんだよね…
3 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 19:50:12
>>2
自分がなくて価値を他者に求める。これは自分と母親、両方にあてはまるな。
そして私も母も、自己評価は相当低い。
そして元増田のように、自分の場合は父親からほめそやして育てられた。増長する自分こそが本当だと思っていたし。
ほめそやす事にもデメリットがあるのだと身をもって知ってる。
一番毒になるのは何でもかんでも先回りしてほしいものを与えることだというけれど、凄くわかる気がする。
自主性というものがほとんどないし、それゆえ自分というものがない。
あるのは人に評価されることだけ。
たぶん増田の親も「みんなこう思ってる」という言い方もするはずだ。困ったら力のありそうな人になりふり構わず頼ろうとするところもあるんじゃないかな。
支離滅裂だけど思いつくまま
4 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 17:50:15
そんなもん誰だってそうじゃ
5 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 18:09:05
>>4
ウチは違ったけど
7 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 18:43:29
うちの母そんな感じじゃないが自己評価低いんだよなあ
でも自己評価低くてもまあこのままでいいかと思う時と
ああ底辺だなぁと思うときとある
8 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 21:33:00
母は自信が無いので他人をバカにすることで安心している。
でも増田が母をバカにすることで自分の自己評価を上げられるってんなら
本人も構造的に全く同じことをやってることになるが。
てか自己評価低いのが全て母親の原因ていうわけでもなかろうて
9 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 21:51:38
トラバの仕方すらよくわからない元増田です。
お前が言うな!的なご意見頂きましたが、
親を見下していることすら無自覚だということに、この私の病理の根深さがうかがわれると思います。
指摘されて気付かされました。
このような心情を吐露する厚顔無恥さ加減を直したいです
10 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2013/09/17 22:13:06
「母がしんどい」とか毒親とかアダルトチルドレンとか、そういう本読んでみて、母の考えから離れられるようにしてみてはどうでしょうか


コメント一覧

1001  名前:はてなようせい 投稿日:2013年09月18日 11:56
しかし、いい歳こいて「私は親が、私の親が」って愚痴ってる人間て惨めだなあ
愚かで弱い個体に生まれつくとこうなるのか……
まあ、そんなふうに産んだのも親の責任ちゃ責任だが
1002  名前:はてなようせい 投稿日:2013年09月18日 21:39
へえ。褒めそやされて育っても自己肯定って難しいもんなのか。
めんどくせぇな、人生って。
1003  名前:はてなようせい 投稿日:2013年09月19日 20:56
生んだというか、十年二十年とかけて「おまえは自立できない」「おまえは何もできない」と言い聞かせ続けるわけだからなぁ。そう簡単に影響が抜けるものでもないよ。
まあ、結局は自分でどーにかするしかないわけだけど。

褒めてるのも、オマケがついてたりはしないか。
「よくがんばったね、すごいね!」そのあとに「でも社会では役に立たないけど」とか「それだけできてもダメなんだけど」とか。
1004  名前:・・<瘁・h・・!帚!・ /></td> </tr> <tr class= 投稿日:2013年09月20日 10:13
ウチの母親は自己評価が低いタイプ。
父親の口癖が「だからお前は中卒なんだ!」
俺は怒ったが母親は辛そうじゃなかった
そんな母を強い人だと尊敬して育った。

一生懸命父から習ったPCで最近今更ブログを始めた様。
その内容は・・・
1005  名前:  投稿日:2013年09月21日 17:24
他人を攻撃することがいかにそいつのプライドを満たすか。

そんなことはネットみれば一瞬で分かる。
どこもかしこも攻撃・非難・罵声ばかり。

1006  名前:はてなようせい 投稿日:2013年11月04日 11:55

違う。

「予想外の自分」が自己評価を低くするんだよ。
1007  名前:はてなようせい 投稿日:2014年01月15日 00:16
前この考えしてたからすごいわかる
1008  名前:はてなようせい 投稿日:2014年01月29日 02:22
ああ、同じような人がいるもんだ。
呪いがとけますように。
1009  名前:はてなようせい 投稿日:2014年04月18日 21:20
自己評価で検索してたどり着いた
いい年と言われるようになる前に、親から距離置きたいな
このままじゃ進学しても就職してもうまくいかない気がする
1010  名前:はてなようせい 投稿日:2014年05月15日 09:06
褒められたら素直にありがとう‼︎って言いましょう

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサードリンク
コメント
おすすめ
フィードメーター - 増田にゃんねるβ
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
免責事項:当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。